オープンウォーターダイバーコースとは?

オープンウォーターダイバーコース教材PADI オープンウォーターダイバーコースは、一般的にはダイバーになるための始めの講習になります。
オープンウォーターダイバーコースは「知識開発(学科)」「限定水域(プールもしくはプールに似た穏やかな水域での講習)」「海洋実習」の3つのセクションからなっています。
オープンウォーターダイバーコースは潜水計画を立て、海況の判断、トラブル回避など、ダイビングを楽しく安全に行うための知識とスキルを身につけるコースです。
PADIオープンウォーターダイバーコースを修了すると、Cカード(Certification Card)という認定証が発行され、自分たちでダイビング計画を立て、インストラクターの引率なしに講習を受けた時と同等か、それよりも良いコンディションで自分の責任においてダイビングをすることが出来ます。
また、PADI アドバンスドオープンウォータコースなど、ステップアップ講習に参加することも出来ます。
参加条件は15歳以上の健康な方。ジュニアオープンウォーターコースは10歳からになります。
Cカードの取得期間は約3日間ですが、「時間ベース」ではなく「達成ベース」になりますので、安全のためにできるようになることがしっかり習得できればいいのです。
したがって、人によって体力、理解力、その時のコンディションなどにより、習得のスピードが同じではないので「どのくらいの時間で終わる」とコースが始まる前からお約束はできません。
講習はゆっくりとていねいに、講習生のペースで進めさせていただきます。